汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
豊穣の秋(2)
「鉄道楽の絆」さんのお陰です♪。
文章では表せないほどのご苦労の数々のお陰で
この画が撮れました。一人では撮影出来ない事も
色々(汗びっしょり(・∀・)含む)と有るのだなぁと感
じた思い出一杯の出来事・画でした♪深謝です。
<br
※2ヶ所の許可を得て撮影 2017.10.01撮影
Canon EOS-1D X Mark II EF24-105mm F4L IS II USM


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。

豊穣の秋(1)
藁たて、藁まるき
山都周辺では、この藁(わら)の立て方を「藁たて、藁まるき」と
謂うそうです。この干したものを「ナス、トマト、インゲンの1.5m
ほどある畝間(通路)」に藁を敷き詰めていくと雑草が生えない
のだそうです。先人の知恵は凄い!。


<br
"刈り取りが終わった後には" 2017.10.01撮影
EOS-1D X Mark II EF16-35mm F4L IS USM


<br
"稲の刈り取り時期のお知らせ旗"

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。

稲架掛けの頃
「土の見える道」。
 東京では1964年の東京オリンピック以前は、余程の幹線道路
以外は、国道でも未舗装だったと思います。
 今ではこの未舗装「土の見える道」は貴重で、ここの集落にも
残っておりました。この田圃が有る集落のお米(もち米除く)は
全て一括を企業に任せているそうです。高齢化、一人暮らしの
農家さんにとっては時代の流れなのでしょうね。
<br
今では貴重な土の道を秋の薄っすら茜雲の下、白煙を
棚引かせてC57は来ました。

2017.09.30撮影 地主許可・立会いのもとに撮影

「dangerous zone」。
この場所へは鉄道ファンが勝手に入っていたためにいつ
からか、「勝手に入った場合は10万円いただくとの立札」
が有ります。T山氏のアドバイスと集落の組合長を知って
いた関係でお陰様で撮影が出来ましたが、その後も前述
の企業の方がSLが来る時間前に来て不審車が入ったら
トラックで道を塞いで警察に電話入れられておりました(汗)。

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。

稲架掛けできた~よ♪(3)
尋常一様な画
  私めが撮った当たり前田のクラッカー~(^^;)。古っ!。
折角お電話までいただいて撮らさせて戴いたのにこの
平凡な写真でした。言い訳として後ろが田圃で収穫前。
畦道を壊してわならぬ訳で友人のようなアングルには
レンズ選択が自分には訳が分からなくなってしまった(^^;)。
<br
"もち米による稲架掛け" 2017.09.16撮影
EOS-1D X Mark II EF17-40mm F4L USM

稲架掛けできた~よ♪(2)
友人撮影したカット
 阿賀野市の農家のお母さんから「ハザ掛けできたよ!」と14日夜
電話が有ったので16日早朝から「ハザ掛けとC57の絡み」の撮影に
友人と行って来ました。
  私がこの場所に到着した際には無論一人ぼっち!その後は流石
此処に目を付けていた方か?お見えになりましたが三脚を置いて、
一発目を撮りに行かれました!そこへ今回の主役が自転車で早々
に心配で来て下さいました。今年迄は「私が全て植えて収穫時だけ
息子が」稲刈りと干す作業をしているが来年はどうなるか?分から
ないよ(´・ω・`)との事で素晴らしく貴重な写真となりました。来年も
お元気で田植えの頃にまた友人と訪問したいと思いますが…。
 初回掲出は友人の許可を得て「迫力のあるこのカット!」を出しま
した。

<br
"もち米による稲架掛け" f 8さん撮影
2017.09.16撮影