FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
あの日 あの時(1)
10年ぶりの寝正月♪
今年は息子の具合が悪く久しぶりの自宅での寝正月です(笑)
余りにも手持ち無沙汰で一昨年の正月には何処に行っていた
か?とデータを見ましたら「秋田県小坂→岩手県松尾(花輪線
沿線)」にいました。自分の記憶の中に大更Y.Sに宿泊後朝一
番のDCで岩手松尾に下車して夕方には龍ヶ森まで歩いた記憶
がありました。しかし気にかかっていたのは接続する花輪線が
現在に至るまで非電化の中、松尾鉱山鐡道が大更には有り、
しかも確か電化がされており、松尾鉱山で採掘された何かを
運んでいたことを思い出し強風の山の奥「松尾鉱山」に行って
みました。
しかしながら、
岩手山を左に見ながら高度を上げていくと頂上手前には日本で
最初の鉄筋コンクリート製の近代的な建物は雪に閉ざされ遥か
彼方に見えるのみでした。(因みに夏は肝試しの場所になって
いるそうです~。)
<br
"花輪線「岩手松尾~龍ケ森」駅間"
昭和39年1月(1964年1月)撮影
ニコンF Nikkor-H Auto 28mm F3.5


<br
"松尾鉱山跡地遠望"
「東の軍艦島」と呼ばれる松尾鉱山・緑ヶ丘アパート
多い時期は1万人以上が暮らしていたそうです。
2016.1.1/16:04撮影
Canon EOS-1D X EF70-200mm F2.8L IS II USM


新春早々この見栄えのしない拙いブログにお越し戴き感謝
いたします。

少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して頂けますと大変嬉しいです。よろしく
お願いいたします。またどうぞお越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



「渡道」して来ました3,425km!(50)
最後お出ましは!やはり炭鉱町には
D51でしょう!。幌舞の後最後は此処でしょう!
 かつては夕張支線は、もともと追分~紅葉山(現・新夕張)~夕張間の
国鉄夕張線で、夕張市内に点在する各炭鉱から産出される石炭を輸送
する目的で1892年に開業。
 かつて夕張市内には夕張支線を軸に、紅葉山と登川を結ぶ国鉄夕張線
登川支線、野幌(江別市)と夕張本町を結ぶ夕張鉄道、清水沢と大夕張炭
山を結ぶ三菱石炭鉱業(三菱大夕張鉄道)といった一般旅客営業も行う鉄
道があり、私がSLの撮影に行っていた頃は「沼ノ沢と真谷地」間を結んで
いた真谷地炭鉱専用鉄道も一時旅客営業を行っていました
 夕張支線が廃止されれば、夕張市内の鉄道は石勝線の「本線」を残す
のみとなり、またまた実質的に地域の足から鉄道が姿を消すことになる。
廃止は早くて2019年3月末という見方が有力だそうですね。
JR北海道ではご承知の通り、留萌本線「留萌~増毛」間を本年12月4日
限りで廃止する旨を表明。
これに続いて廃止が打ち出されているのが、石勝線新夕張~夕張間の
いわゆる「夕張支線」。
JR北海道曰く、夕張支線は管理費を除いても営業係数が1247(100円を
稼ぐのに1247円かかる)。これは、留萌本線留萌~増毛間の4161、札沼
線(学園都市線)北海道医療大学~新十津川間の1909に続いて3番目に
悪い数字だと以前新聞に掲載されていましたが、今回は夏の季節だから
長閑そうに見えるし、たまに渡道するには気づく事が少ないし、観光地に
行けば大勢の旅行客で見落とされますが、やはり北海道で暮らすには
大変な努力が必要です。※今回の台風による水害で大変な被災に有った
方々には心より御見舞を申し上げてこのダラダラの紀行?を終了させて戴
きます。最後までお付き合い戴きました方々には心より御礼を申し上げます。

<br
"D51308ギースル 夕張線"
1973.02(昭和48年2月撮影)
………明日からはちょこっと飯山線で~す。


本日もこの拙いブログにお越戴き大変感謝いたします。
少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して
頂けますと大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。
またどうぞ、お越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


「渡道」して来ました3,425km!(42)
今日も「網走の写真」をば!
蔵(正確にはRAID1対応外付けHD)から探しました(笑)。
8年ほど前HDの故障でデータがすっ飛んでからはお呪い
HDとして使用していますがデータは本当に大丈夫か?
いつも不安です。

<br
"腕木信号機の間を出発"
本物のカラーです♪


<br
"網走にて(既出済み)"

本日もこの拙いブログにお越戴き大変感謝いたします。
少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して
頂けますと大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。
またどうぞ、お越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


「渡道」して来ました3,425km!(38)
北海道日本ハムファイターズ
  リーグ優勝おめでとう♪

個人的に家族全員北海道が大好き
地元(鎌ヶ谷)近くには二軍の球場も有るし\(^o^)/だ。
親会社の日本ハムがスーパーで安売りするのでしょう♪


戻って……
Vol.2 スイッチバック常紋信号所」

<br
"生田原方のきつい坂をトンネルで超え
ナメクジ型D51 7の牽く貨物列車が常紋
信号場内を通過①"


<br
"D51 7の牽く列車が常紋信号場内を
通過②"


<br
"D51 7の後ろには貨物列車を従えて
常紋信号場内を通過③"

<br
"下って行く"

<br
"9600補機を従えて金華方へ下って行く貨物"

右側には今度は生田原方面への出発を
待つ列車が見える。


明日へと続く♪

拙い画で申し訳ありません( ;^ω^) 
※当然お金も無いしモータードライブでは有りませんよ。


本日もこの拙いブログにお越戴き大変感謝いたします。
少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して
頂けますと大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。
またどうぞ、お越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


「渡道」して来ました3,425km!(36)
丸瀬布からまたまた寄り道で~す。
段々といくら夏といえ夕方は近づいて来ました。はやる気持ちとは裏腹に
あぁ~「遠軽にも寄りたい!」。……「常紋」にも「廃駅となった金華駅」にも
寄りたいけれど釧路はまだまだ遠い(( ノД`)。
左には石北本線の線路が見えてきた。実に線路には弱い私である。なんと
乗降場らしきものを発見。近寄ってみるとそこは「秘境駅の生野」という駅だ。
北海道紋別郡の遠軽町にあり、JR石北本線の「生野駅(いくのえき)」でした。
駅舎すらないシンプルなホームというだけでなく、周囲には農家が1~2軒
見える位で、他には何もありません。そんな秘境感あふれる駅でした。

<br
"生野駅そば・自画像"2016.08.06撮影

<br
"日中2本の列車しか無いのに運が良く
自画像撮り終えたら踏切が鳴り♪"


<br
"娘が撮影"

<br
"娘が撮影"

<br
"生野駅時刻表"
因みに16時49発生田原行きでした。




……寄り道ついでに「昔の遠軽機関区♬」
"ようこそ遠軽機関区♪"

<br

<br
"遠軽機関区にて9600"

<br
"遠軽機関区にてD51897"

<br
"49626遠軽にて"

<br
"昭和45年2月の遠軽駅前"
鉄道の街とは言えこの当時は人が沢山いました。


石北・釧網本線廃止論
この先不安一杯です。

※今回も高速道路、無料区間の高速?もかなり利用してハードな
スケジュールをこなしておりましたが、将来的に道東道「網走線」
として、オホーツク管内の網走市まで延伸も「され、既に道東道は
足寄まで開通しており、釧路までは10年ほどが経っても出来て
いないようですが10〜20年後には開通するのでしょう。
と謂うことは赤字だから廃線、廃駅のオンパレードのJR北海道は
道東道「網走線が開通」すれば、石北本線(旭川〜網走)と
釧網本線(網走〜東釧路)は、廃止される不安が有りますね。
オホーツク管内の住民は、石北本線が廃止されることを予見して
いるのか?必然的に無くなるのでしょうか?住民のことをもっと
考慮してほしいですが民鉄だから致し方ないのでしょうか?
悪循環だらけの北海道の鉄道ですね。」


本日もこの拙いブログにお越戴き大変感謝いたします。
少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して
頂けますと大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。
またどうぞ、お越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村