FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
やっぱり現役時代(その1)
「C629600」
 1966年(昭和41年)夏、 私は五稜郭操車場を訪問していました。
当時小樽築港機関区の罐の一部は三灯ライト、いわゆる「三つ目」
でした。
 小樽築港機関区所属のC62達はそれまでのC6227号機のように、
普通に一灯の前照灯を装備していましたが、 この年から小樽~手
稲間で電化試運転が始まると、 本州の交流電化区間と同じように
主灯横に予備の副灯が取り付けられることになったと築港のY検査
長が後に言っておられました。


<br
"五稜郭にてC623と49674入替え専用機"
1966年(昭和41年7月)撮影  翌々年49674は帯広管理所に
配属になりました。


 余談ですが、C623に次いでC622号機にも正式に副灯が
取り付けられましたが、暫定の標識灯もまだそのままで、
暫くの間はこの「三つ目」仕様で走っておりました。
 北海道で最初にC62を見た時が「三つ目」でしたのでや
はり、オリジナルの凛々しい一灯を雑誌で知っていたので
ガッカリした事を覚えています。因みに同じ小樽築港機関
区のC57にも「三つ目」がおりました。


 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント
三つ目
↑ C62と96、一瞬当市の平機関区かと思いましたi-179
三つ目仕様のC62初めて知りました ( ..)φメモメモ 急行ニセコを三つ目が
牽く。 八戸に住んでいた頃連絡船の深夜便と北海を乗り継いで後年賑わった
ワイス温泉バス停近くの例の場所で14年振りに急行ニセコを待ち受けた時
三つ目のDD51が現れました。かつては日本列島北から南まで蒸機を駆逐した
憎きDD51もいまや定期の列車を牽く姿は風前の灯火のよう。
時代の流れですねぇ。
[2018/05/25 21:11] URL | 福臨鉄 #- [ 編集 ]

福臨鉄さんお元気でしたか!
来訪・コメントいつもながら感謝致します。近頃珍しくバタバタしているのですが少しずつ現役時代の蒸気機関車出していかないと、63歳で亡くなった西城秀樹さんのように短命だったら昔を思い出す時間も無くなっちゃいますのでまた少しは拙い画ですが出そうと思いまして(^^;)。
……C62と9600を平機関区で撮影できなかったのはまだ子供だったのと松戸に住んでいてカメラを買える家では無かったことによります(笑)。しかし個人的に両方の罐は大大好きです。
[2018/05/25 21:32] URL | kishaisan #cH5.O40Y [ 編集 ]

ラウンドハウス
 ご無沙汰しております。なにげに後方の扇形庫、火災前の大きいときですね。縮小されてからしか、私は知らないので、見入ってしまいました。それにしても、シロク二とキュウロクの並び、味がありますねえ。これからも、楽しみにしております。
[2018/05/29 08:48] URL | F8 #- [ 編集 ]

f8さんこん○○は!
こちらこそ大分ご無沙汰しております。訪問・コメント有難うございます。そうでしたね!庫が焼失したことが思い出されますが記憶力も凄いですね(^^;)。タイトル通り現役のC62を拙い画ですがちょっぴり続けて見ます。今後共よろしくお願いします。
[2018/05/29 09:35] URL | kishaisan #cH5.O40Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する