汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
後光が射して見える
秋の陽を浴びたとは言え
残念ながら1995年(平成7年)11月3日をもって
C62 3の再復活時の走行を終了した。下の画を
撮影していた時にはこの様なイメージに仕上が
るとは思いませんでした。
IMG-0007・C623逆光ベスト
"C62 3(小樽運転所にて)"
リンホフ マスターテヒニカ テレクセナー250mm F5.6
JR北海道故N社長に許可をとって撮影


<br
"苗穂運転所で撮影したキャブ左側のC623ナンバープレート"

<br
"自宅玄関に飾ってあるC62 3ナンバープレート(スマホにて撮影)"
家内の誕生日(5月4日)に実際に正面に取り付けられ
走行したナンバープレートヽ(゚∀゚)ノ です。

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」ですが宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメント
C62がいた!
新年のご挨拶もしないまま過ぎてしまい失礼いたしました。
右耳は聴こえ方が改善しましたが、耳鳴りは相変わらず。MRI検査の結果、
週明け脳外科に回るといった次第ですっかり湿っぽくv-292
v-237 ↑ 舶来の大判カメラでとらえたC623を拝見して
v-278が差して来た思いです。
[2018/02/01 23:12] URL | 福臨鉄 #- [ 編集 ]

福臨鉄さんご無沙汰しております。
訪問・コメント有難うございます。友人もお身体のこと心配しておりましたよ!。復活C62 3当時お互いに必死で追掛けておりましたし、カメラにもお金を掛けれていたバブル期でした(^^;)。春と同じで少しづつでも暖かくなる頃にはお身体も調子が良くなることと思っております。※私ごとですが今日から自走で久しぶりに釧路の友人の店に飲みに行ってきます(ついでに雪のない釧網本線にも行ってきます)。
[2018/02/02 09:11] URL | kishaisan #cH5.O40Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する