汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
撮影地を知ろう!(1)
安田瓦
 私の磐西への出撃の際には、咲花の宿か、安田のビジネスを
定宿にさせていただいておりましたが、 周辺には以前から気に
なる屋根瓦が有りました。
 しかしながら「C57とこの瓦とを一緒にした撮影場所」が見出さ
れずにいましたが、今年稲架掛けを撮影する機会にその場所が
見渡せ、また「豆ちゃん他ブログ界の著名な方」の写真を参考に
して、台風22号の影響の出始めた風雨の中ここに来てしまいま
した。
 やはり下記の画の中には「大きな屋根の緑色っぽい屋根」を
除きこの地域に根ざしたどっしりとした重厚感、色合いの「安田
瓦」を屋根葺きには使われておりました!。
 安田瓦は天保年間(1830)から生産され始めた瓦と云い伝え
られているそうです。 それが明治に入って国内各地の師団増
設、兵舎の増改築が高まり、弘前、旭川師団や新発田兵営の
屋根工事を請け負うなど、大量注文を機に焼成の気運が高ま
り、安田瓦の真価が広く各地に認められ、官庁・学校等の公共
物の需要によって栄えてきたそうです。また品質、強度、耐寒
性にも優れ、味わい深い鉄色の瓦は一般住宅・神社・仏閣の
屋根を飾るに相応しく、県内外の名刹に多く用いられてきました。
近年では県知事公舎など由緒ある建物の屋根を彩っています。
(安田瓦協同組合のHP抜粋)。

<br
"安田瓦(緑色の寺を除く)"
※安田瓦協同組合に確認済み
2017.10.29
EOS-1D X Mark II EF70-200mm F2.8L IS II USM


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/11/17 21:36] | # [ 編集 ]

Re: 安田
釜飯さんコメント有難うございます。いつも期待しながらブログ拝見しております。私も12月2日の件で日出谷に打ち合わせが有り土曜日は安田が宿泊出来れば泊まりたく思っておりました♪。是非25日お会い出来れば幸いです♪。雲海さんが先日釜飯さんと井上さんに野沢のラーメン屋さんで有ったとの?お話でした。
[2017/11/18 21:40] URL | kishaisan #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/11/18 23:57] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する