汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
北海道に炭鉱があった頃
美唄鉄道で活躍していた機関車達
 北海道に沢山あった石炭搬出用の運炭鉄道の一つが三菱鉱業美唄鉄道(以下美唄鉄道)でした。
国鉄の美唄駅には私鉄が2つ有り、もう1つは美唄運輸でした。美唄鉄道は国鉄美唄駅より.10.6km
先の常盤台を結ぶ運炭鉄道です。地元では美鉄の愛称で親しまれていました。
 昭和47年に炭坑(美唄鉱業所)が閉山となり、合わせて美唄鉄道(美唄~常盤台10.6km)も廃止となり
ました。
 この美唄鉄道を有名にしたのは、蒸気機関車4110形で、国鉄・奥羽本線板谷峠などの急勾配用に
製造されたE形のタンク機関車で、美唄鐵道が自社発注した同型機3両と、国鉄からの払い下げ4両を
合わせ、最盛期には7両が在籍(すっかり忘れていましたが)していたそうです。

      <br
  "4号機(昭和43年2月撮影)"
   この4号機は美唄鉄道が発注した国鉄4110形の
  同型機3兄弟の末っ子で、昭和元年製造、昭和47
  年の廃線まで活躍していました。


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し
戴き感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお
願いいたします。
スポンサーサイト

コメント
美唄鉄道
夕張に次いで美唄ですかぁ~ 炭鉱町生まれの私めは興奮が極に向っています。
昭和47年夏、2度目の渡道の際はすでに営業が終わっており4110形の走りを
見ることはできませんでした。動輪が5つ、いったいどんな走りだったんでしょう?
↑ 雪の時期の画、北海道らしさ!ですv-424
確かこの4号機、『秘密の場所』で保存されているんでしたね。東明駅の2号機、
屋根もないところに留め置かれ気の毒でした。
[2017/06/19 17:16] URL | 福臨鉄 #- [ 編集 ]

福臨鉄さんコメントありがとうございます。
正しく「4号機は4122機とともに個人所有」で何処かに保存されているそうですね。有名なY氏でしょうか??。謎ですね。
[2017/06/20 16:21] URL | 汽車遺産 #cH5.O40Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する