汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
北海道に炭鉱があった頃
夕張鐡道活躍していた機関車達
国内では梅小路蒸気機関車館に次ぐ規模で蒸気機関車を所有して
いた、江別市のY氏の手により12号は夕張鐵道で廃車後保存してい
たそうですが2011年から日本鉄道保存協会に移管してからは非公
開となっているそうです。
14号機は石炭の歴史村にあるSL館は2006年の夕張市財政破綻から
閉鎖中、ボイラーや運転席の屋根が雪の重みで壊れたと思われる
大きなD51の建物に入り口があり、中には夕張鐵道の蒸気機関車
4号機と共に展示されていたが現在は閉鎖中?だそうです。

<br
"夕張鐵道11号・14号機関車(廃車後間もないころに
許可を取って撮影をしたものと思います)"
現在上記SL館は閉館とはなったものの鉄道遺産保存活動団体
「三菱大夕張鐵道保存会」の運営により、2009年以降数度に
渡って特別無料公開されるなどしており、廃墟化は免れている
との事も後で知りましたがですが私自身は確認をしておりませ
んので今年の夏は渡道出来れば確認したいところです♪。


 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し
戴き感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお
願いいたします。
スポンサーサイト

コメント
夕張鉄道
11形という不思議なかたちの蒸機で語り始めるところが凄い!i-179
しかも庫の中とはいえ画像付きv-424
私は昭和49年3月、ごく短い時間、鹿ノ谷に降り立ちましたが、外にいた
21形をちょっと撮っただけに終わり、後年博物館を訪れた際はSL館が
冬季休館で夕鉄・大夕張の蒸機は見れずに終わっていました。
↑ 見学の機会がありましたらぜひご紹介頂きたいと思います。
[2017/06/17 22:03] URL | 福臨鉄 #- [ 編集 ]

福臨鉄さんこん○○は♬
福臨鐵さんコメント有難うございます!。三菱大夕張鉄道保存会さんが雪下ろしや毎年7~8回作業日、秋には汽車フェス含めて素晴らしい活躍をなさっているようですが、中には鹿ノ谷まで廃線ウーオクが有るそうですが、如何せん千葉からでは遠いもので何とか一度雪下ろしの際に普段立ち入りができないSL館内部にで豚汁を頂けるチャンスが有りそうですが、爺では雪も下ろせそうも有りません(笑)。
[2017/06/18 11:27] URL | 汽車遺産 #cH5.O40Y [ 編集 ]

炭鉱鉄道
ボールドウィンや自社発注機など個性的な炭鉱鉄道は憧れでもあり、
こうしてまだ生きていた時代に訪問されていたとは羨ましい限りです。
9600の下回りに8620のポイラーと言われた14号機は、まだ夕張のSL館が生きていた頃見ました。
大夕張の4号や、当時の客車が車内音声付で展示されていたり、なかなか凝った演出だったのに残念です。
夕張の再出発と共にこれらの展示が復活する事も願って止みません。
[2017/06/25 09:55] URL | 風太郎 #ORZvdv76 [ 編集 ]

風太郎さん始めまして!
昭和40年台後半から素晴らしい視点でとらえられて来た風太郎さんの写真いつも感銘しておりました。特に夕張、蒲原素晴らしい写真で自分にとってはレベルが違いすぎるお方で天上人のお方です。昔には戻れませんし、今更お教え頂くためにお願いしてももう遅すぎです(汗)。今後も昔の写真を見せて下さいませ。楽しみどころか勉強させて下さいませ。
[2017/06/25 19:02] URL | 汽車遺産 #cH5.O40Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する