FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
「渡道」して来ました3,425km!(36)
丸瀬布からまたまた寄り道で~す。
段々といくら夏といえ夕方は近づいて来ました。はやる気持ちとは裏腹に
あぁ~「遠軽にも寄りたい!」。……「常紋」にも「廃駅となった金華駅」にも
寄りたいけれど釧路はまだまだ遠い(( ノД`)。
左には石北本線の線路が見えてきた。実に線路には弱い私である。なんと
乗降場らしきものを発見。近寄ってみるとそこは「秘境駅の生野」という駅だ。
北海道紋別郡の遠軽町にあり、JR石北本線の「生野駅(いくのえき)」でした。
駅舎すらないシンプルなホームというだけでなく、周囲には農家が1~2軒
見える位で、他には何もありません。そんな秘境感あふれる駅でした。

<br
"生野駅そば・自画像"2016.08.06撮影

<br
"日中2本の列車しか無いのに運が良く
自画像撮り終えたら踏切が鳴り♪"


<br
"娘が撮影"

<br
"娘が撮影"

<br
"生野駅時刻表"
因みに16時49発生田原行きでした。




……寄り道ついでに「昔の遠軽機関区♬」
"ようこそ遠軽機関区♪"

<br

<br
"遠軽機関区にて9600"

<br
"遠軽機関区にてD51897"

<br
"49626遠軽にて"

<br
"昭和45年2月の遠軽駅前"
鉄道の街とは言えこの当時は人が沢山いました。


石北・釧網本線廃止論
この先不安一杯です。

※今回も高速道路、無料区間の高速?もかなり利用してハードな
スケジュールをこなしておりましたが、将来的に道東道「網走線」
として、オホーツク管内の網走市まで延伸も「され、既に道東道は
足寄まで開通しており、釧路までは10年ほどが経っても出来て
いないようですが10〜20年後には開通するのでしょう。
と謂うことは赤字だから廃線、廃駅のオンパレードのJR北海道は
道東道「網走線が開通」すれば、石北本線(旭川〜網走)と
釧網本線(網走〜東釧路)は、廃止される不安が有りますね。
オホーツク管内の住民は、石北本線が廃止されることを予見して
いるのか?必然的に無くなるのでしょうか?住民のことをもっと
考慮してほしいですが民鉄だから致し方ないのでしょうか?
悪循環だらけの北海道の鉄道ですね。」


本日もこの拙いブログにお越戴き大変感謝いたします。
少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して
頂けますと大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。
またどうぞ、お越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント

いやあ、遠軽機関区懐かしいですねえ。常紋への入り口でしたものねえ。
いつもいつも、懐かしい写真ありがとうございます。
駅舎は、今も当時のままみたいですが、雰囲気が全く違いますよねえ。
[2016/09/27 11:24] URL | f8 #- [ 編集 ]

f8さんコメント有難うございます。
無煙ばかりで申し訳ありませんがたまには「遠軽の煙一杯吸って」下さいませ♪。昔から遠軽駅は駅前より「高い位置」に有ったのですね。でもやはり後ろ姿にも人に活気が見られますよね。今後共よろしくお願いいたします。
[2016/09/27 11:46] URL | 汽車遺産 #cH5.O40Y [ 編集 ]


ご無沙汰しております。

>民鉄だから致し方ないのでしょうか?
国鉄でも民鉄でも北海道では鉄道本来の目的が失われた以上、手段としての鉄道は破綻しており、新たな目的が無いと終焉を迎えてしまうのではと思います。
弁慶号や義経号が走って130数年、この時から戦後直ぐまでは「開拓」の手段、第一次産業の農産物、林産物、そして石炭を運び、自家用車やバスが一般化するまでは鉄道と馬車(馬橇)が人々の足となった時代の鉄路と今の鉄路の存続意義が全くと言っていいほど乖離しています(今、存続の意義自体存在するのかとも思いますが…)
その後、ディスカバージャパンと銘を打っての「旅」が目的となるも、これもまた長くは続かず観光は「移動は早く滞在先でたっぷりと時間を使う」とあっては、車窓すら魅力を失うことになり、今度は都市間移動の速さ、利便性が求められ都市部の公共交通手段しか活路が無くなったのが今の北海道の鉄路です。
道民は一人に一台と言って言い程の自家用車保有率を誇り、どこにいくにも足代わりで軽自動車などの車でスイスイ。
そんな地域民を抱える自治体が「オラが街のオラが鉄路を守る」なんて口には出しても予算なんか出せません。しかも、民営化して自治体の経費負担を求める訳ですからね。
いち早くいい条件を引き出そうとして江差線や夕張線が廃止ありきで手を挙げたのがいい例です。
以前、道民として在していて石勝線が開通した際になぜ池北線経由で函館~北見・網走の特急おおとりを走らせないのかと疑問に思ったことがありましたが、あの段階で既に函館は北海道の玄関口では無く、千歳空港・札幌・旭川このラインが主、それ以外は派生と位置づけされていたのであり、それから既に30数年ですもの、この先10~20年後どころか数年先には道北は旭川までと道東は良くて釧路、場合によっては帯広、道南は室蘭まで、函館~札幌間は新幹線だけとなるんじゃないのでしょうかね。
そんなJR北海道で国鉄から引き続き社員となった方々はホントに鉄道が好きで頑張っていたと思います。だから、蒸気機関車だって3両も復活させたと思います。そりゃ、思いはあっても立場から「否定」をされる方だっていたかも知れませんけど。国策の愚としてその尻拭きをさせられている人を愚弄してはなりませんよね。国策の失政が全てですから。

あっ、それから道東道は本別インターから連絡道が阿寒まで行っており釧路までは間もなくですので10年もかからないと思います。

長々と記してしまい失礼いたしました。このところあちこちでJR北の姿勢を問う記事や意見を見ていた中で汽車遺産さんの危惧する記事を読み、汽車遺産さんならご理解いただけるかと思って書き込みさせて頂きました。意に反するならば削除して頂いて結構です。
よろしくお願い申し上げます。
[2016/09/27 21:49] URL | ひぐま3号 #X.Av9vec [ 編集 ]

ひぐま3号さんコメント有難うございました。
非常に納得できる(逆にそうだなぁ)と思う内容で感銘致しました。私の拙い画と支離滅裂なる文面のフォロー有難うございました。今後共よろしくお願いいたします。
[2016/09/28 10:48] URL | 汽車遺産 #cH5.O40Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する