FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
「渡道」して来ました3,425km!(25)
C62の聖地・小沢駅にも訪問して来ました
稲穂峠から見下ろして

       <br
"稲穂峠に向かう道 "この道には春は道端の右側に水溜りには
エゾ山椒魚が毎年おりました。雪解け水が集まる止水を探すと、
長く筒状の卵のうが、枝や葉に産み付けられているのが見られ
毎年楽しみにしておりました。SLもバタバタ撮るだけでなく、
このような楽しみ方もあるのかと思います(笑)。
今回は行けませんでしたがゆっくりといつか春に叉行きたい
場所です。※人気の少ない場所なので、産卵に来た親の姿を
見つける事も良くできました♪。
でも砂利道は今でもあるのかなぁ??



      
<br
"稲穂峠・山並み沿いに巻いて
 来るC623の白煙"

友人と最後の稲穂峠俯瞰に行こうと言うことになり
撮影地に着くと段々霧で周囲が見えなくなる始末。
諦めて帰り始めた矢先、岩内方面から少しづつ明るく
なりこのような運の良い写真とドラフト音と白煙が織り
なす素晴らしいドラマを記憶とともに残してくれました。
有難うC623!。


<br
"晩秋の稲穂峠にて"
 全てが光って見えた瞬間!


本日もこの拙いブログにお越戴き大変感謝いたします。
少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して
頂けますと大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。
またどうぞ、お越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント
すばらしい!
稲穂峠俯瞰、まさに絶景ですね。
[2016/09/12 21:35] URL | マイオ #pcU4xDNY [ 編集 ]

お久しぶりです。
マイオさんこん○○は。コメント内容に嬉しいです。C623は撮影以外にもどんなにかJR北、地方自治体、市町村の青年部~、スポンサー探しどんなに自腹で動いたか((泣))。ですから私に最後のご褒美を自然から頂けたのかと[天は我を見捨てなかった~(笑)]まぁマグレということです♪。★遅ればせながら3ヶ月降りに今週から飯山線のロケハン共々煙分補給開始です。飯山線で遊んで下さ~い。隊長さんとも会えることを楽しみにしている近頃の私です♪♪。
[2016/09/13 08:50] URL | 汽車遺産 #cH5.O40Y [ 編集 ]


いやあ、懐かしい写真ですねえ!まさしく、奇跡の瞬間でしたねえ。
また、ああいうシーンに出会いたいですね。
[2016/09/13 11:42] URL | f8 #- [ 編集 ]

もう絶対有りえないようなシーンでしたね。
f8さんお久しぶりです!コメント有難うございました。JR北海道中吊りにもなった「北海道には本物が有りました」ね♪。私が思う本物とは「あの雄大な景色、バカでかいC623」。C623が復活したことで色々な方に会えました(^Д^)ね。 
[2016/09/13 13:59] URL | 汽車遺産 #cH5.O40Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する