fc2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
当たり前の風景No.7
添乗する前日の北浜
まさか網走からC58に添乗が出来るとは
思っておりませんでした♫

<br
"流氷着岸の頃" 北浜駅 1969.2.撮影 昭和44年2月
流氷は気まぐれ!風が吹くと着岸するのかと思うと
全く前日迄目視出来ていたのに当日はもっと遠ざかる等
本当に気まぐれでした。

<br
"濤沸湖とオホーツク海"
このシルエットを狙いたくて添乗の前日に中山記念浜小清水
YHまでの道のりは遠く、とうふつ湖の東岸の何もない真っ直ぐの
国道沿い一本道をずっと歩いて行ったような?。浜小清水から20分
以上何もない道をず~っと歩くとようやく到着するという場所だったと?
よく泊まらせて頂いた(到着するとお帰り~とペアレントさんが言って
下さって)ホットした思い出が今、蘇ってきました
何故か日本は規則が嫌いになったのか次々にYHは消滅して行きましたね。
※北浜の斜里よりの鉄橋からはどんなに遠かったことか?若き日の至り(笑)。



にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント
○○ユース
YH、ペアレント、、、何年ぶりに目にすることでしょうi-179
蒸機の写真撮りでは YHに泊まる事はなかったのですが、学友との旅行では
随分利用しました。
ミーティングとかも懐かしいです。蒸機の撮影ガイドにはYHも載っていた
ような覚えもありますが、北浜は「あの撮影地」から遠かったんですか。。。
北浜、流氷がびっしり接岸の時に訪れてみたかったです。
釧網線の添乗、何と網走からと。こりゃ凄いi-199
宿といえば、どういうわけか今ふと青井岳の国民宿舎が思い出されました。

[2016/04/06 15:23] URL | 福臨鉄 #- [ 編集 ]

http://www.kisha-isan.com/
福臨鉄さん!またまたのコメント有難うございます。北浜~浜小清水間のJR2点間距離だと1 時間 44 分 (8.6 km) 「斜里国道/国道244号線」経由と出ました。冬の国道を濤沸湖(昔、南極大陸に行くのに練習場として厳冬期体験地)だった左右から吹きさらしのブリザードのような時期に歩いた記憶を思い出しました。本当に馬鹿でした(今もですがv-278
[2016/04/06 17:23] URL | kishaisan #cH5.O40Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する