FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
当たり前の風景No.3
北海道新幹線
初日でも乗車率約61%!

27日は乗車率は約37%だったそうです。
JR北海道は長万部~小樽までの山線を無くす計画やら
廃線をもっとスピードを加速させて進める計画だそうですね。
しかし新幹線迄この調子で行くとず~っと赤字が続くようでは
現社長も早期退陣に追い込まれる恐れが有りそうですね。
JR北海道はそれの繰り返し?(泣)。

<br
"倶知安にて" 1972.8.(昭和47年)撮影
C62重連ニセコが終了した後も実は、小樽発15時51分の
長万部行き普通列車132レと、長万部発5時24分の137レの
一往復で短い期間細々と運用されておりました。上りの列車
終点長万部到着は19時43分でした。
意外と撮影していた方々が少なかった最後の働きでした。
この最後のC62運用、実に撮りにくい時間帯でした。
上り132レは小樽を発車した時点で夕暮れ、下り137レは
長万部発は早朝でした。その為に長万部の安宿に泊まり
ました


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト




コメント
C62最後の働き
↑ 右端は胆振線でしょうか。この月私も渡道しておりましたが、C62は築港の庫で
見ただけに終わりましたi-182 この「長万部の安宿」というのがややっ!と
思わせますi-179後年、函館に転勤し八雲・長万部担当になって17年振りに
長万部の街を歩きましたが、駅もガランとしていて昭和46年とはだいぶ違って見えました。
新幹線札幌延伸でどうなんでしょう、、、長万部~蘭越は原野に戻り蘭越~小樽は何とか
鉄道に?少し前道内の線区別収支状況が公表されましたが、愕然とする内容 i-240
企業存続のため時として早めの撤退も必要ですが、鉄道の場合公共性っつうのもある
でしょうし、、、、。
[2016/03/29 21:40] URL | 福臨鉄 #- [ 編集 ]

http://www.kisha-isan.com/
福臨鉄さんコメント有難うございました。良くぞご存じですね。右側は確か胆振線だったと。しかし気持にも余裕が無く撮影地も分からず胆振線は撮影しませんでした。頭の中は全てC62だけでした(笑)
[2016/03/30 09:05] URL | kishaisan #cH5.O40Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する