FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
餘部にて
餘部鉄橋に魅せられて
定宿として毎回利用させていただいておりました川戸屋
さんは4月から10月までは懐石料理(その日に水揚げさ
れた魚は美味い!)し、11月から翌3月までは松葉蟹に
惹かれて良く通ったものです
※因みに平成18(2006)年03月18日寝台特急出雲は廃止
されたのち、 餘部鉄橋も付け替えにより新旧切替工事が
8月11日まで行われ2010年8月12日から新橋梁の供用が
始まりました。新橋梁反対に伴い署名運動を地元の皆さ
んとしてたことが今となっては良い思い出です。…しかし
ながらこの国の労働生産性は先進各国で最下位な上に
世界競争力ランキングは30位と1997年以降では最低と
なっているそうですが、 よくもこんなに金もないのに物を
大切にせずスクラップばかりが好きな国なんだろう?

<br
"余部漁港にて"
平成16年8月(2004.08.撮影)


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト



北海道鉄道100年記念(2-2)
北海道でのC62 2号機
最終運転の日
「さよならC62号」
<br
"小樽-岩見沢~札幌間牽引・(9232レ) 
(C62 2+C62 3+PC)"

<br
"札幌駅構内にて"
昭和47年8月27日(1972.08.27撮影)


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。




北海道鉄道100年記念(2-1)
     お約束画です^^;。
 相変わらずの拙い画のみしか配信していない管理人
ですが、 お世話になっている方とのお約束事で今回2
日間に続き、この場をお借りして配信することを皆様お
許しくださいませ^^;。
<br
"梅小路に行く前の最後のお色直ししたC62 2号機"
"札幌駅構内にて"
昭和47年8月26日(1972.08.26撮影)



<br
"まさしくデカイ♪C62"

<br
"当時の木製の柵や車からこの時代がわかりますね"

<br
"展示を終わり重連で小樽築港機関区へ帰る"
C62 2 + C62 3号機による回送シーン(手持ちと爆走に
より"ぶれぶれの画(恥)" 。


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

立秋とは世間では言うそうですが?!
 時候の挨拶では夏の終わりを表現する言葉が多い時期ですが、夏の風物で
ある各地のお祭りやお盆の送り火、帰省のUターンラッシュも終わり2週間弱で
9月ですが毎日が暑いのなんの( ノД`)( ノД`)。
 やっと走った 「ばんもの」 もドスカでおまけに駅の出発でさえもスカに近い状
況ですね。早く涼しくなって下さ~い。特に夏が苦手な者の独り言でした(^^;)。

<br
"鹿瀬にて・許可を得て撮影" 2019.07.27
Canon EOS-1D X Mark II・EF24mm F1.4L II USM

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

待ちに待ったSLばんえつ物語!(4)
釜の脇橋梁・正面狙い
 この橋桁に添架されている橋歴板には「AMERICAN BRIDGE COMPANY
OF NEW YORK U.S.A.1911(明治44年)」と書いてあるそうです。
 明治時代末期、アメリカの技術提携を得て建設されたことがわかります。
塗装は何回もされているのでしょうが、現在まで大規模な補修が行われた
形跡もなく、 平成23年7月に起きた大水害にもめげず、 一級河川阿賀川
喜多方市高郷町のに架かっている橋長約130m、3径間のトラス橋です。
 この場所は昨年にヘロヘロSL隊・隊長のお陰(登山部長のヒントによる)
で発見
しましたが、昨年7月に起きたC57 180のテンダー車の1つの車輪
に不具合が生じていたことにより約1年ぶりの復活で撮影が実現しました。
試運転2日目午後からは雨が本降りになる頃、俯瞰撮影のプロ3人とご一
緒に撮影することが出来ました。
  川霧、山霧、ホワイトアウト入り乱れての状況のなかC57も遅れて来た
ので運よく撮影が出来ました♪。
<br
"発見して頂いてから再度訪れた時のカット
(単独でロープを取付に行った時の画)"

平成30年6月16日(2018.06.16)撮影

<br
"霧に巻かれた時" (ちょっと合成^^;)
令和元年7月26日(2019.07.26)撮影

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。



今日は原爆の日
 1945年8月6日に広島市、同9日には長崎市に原子爆弾が投下され、
広島では十余万人、長崎では7万人を超す死者が出て、 残った被爆者
の方々も今もなお毎年 5,000人以上の方が原爆の影響でお亡くなりに
なっているとは何とも言葉にならない辛さです。           合掌

<br
"花輪線・ハチロク(赤坂田~龍ヶ森)"
昭和43年4月(1968.11.撮影)


 岩手県内の路線である花輪線「岩手松尾から龍ヶ森の間は
大場谷地峠で上り勾配が7km以上続く上り勾配が続き、 龍ヶ
森をサミットとして反対側の赤坂田との間で専用補機が2台使
われていました。
  双方の駅近くには転車台がないため補機は下り列車は正
向き、上り列車は必ず逆向きとなり赤坂田から龍ヶ森に登る
列車は全て撮影には逆向きで運行されていました。 因みに
私は変わり者なので赤坂田から龍ヶ森に登る変則の列車を
とらえることが楽しみだったようです。

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

待ちに待ったSLばんえつ物語!(3)
ここから先はスカだった!。
豊実俯瞰
  前日はヘロ隊登山部の方々と楽しく宿泊させて頂きましたが、 
翌日は私だけ単独で、約1年ぶりに私は五泉のキムラファーム
(たまご直売所)へまっしぐら!(※)。
 その後はまたヘロ隊登山部、高崎のNさんと合流し、またまた
憧れであった豊実の俯瞰場所にご案内して頂きました♪。
 さすが俯瞰探しのベテランの方々ばかりです。良くぞ開拓、開
発したなぁ絶句の場所でした\(^o^)/。感謝しかありませんし、
私にすればもう一つの感謝は日頃のカロリー消費の3倍にはな
るから市の健康センターの方からも1ヶ月に1度はお誘いしても
らってメタボを治すように言われる始末(^^;)。
 この場所阿賀野川の川面が見渡せ、ましてや視界も絶景でし
たがこの時期は向かう途中は下り坂なのに蒸し暑いのなんの
って(;_;)。早く涼しい時期になって欲しいものです!。
※ここのたまごを一度食べたら病みつきになる筈です(*^_^*)。
<br
"豊実俯瞰場所にて" 2019.07.18撮影
Canon EOS R RF24-105mm F4 L IS USM

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。