FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
撮影地を知ろう!(1)
安田瓦
 私の磐西への出撃の際には、咲花の宿か、安田のビジネスを
定宿にさせていただいておりましたが、 周辺には以前から気に
なる屋根瓦が有りました。
 しかしながら「C57とこの瓦とを一緒にした撮影場所」が見出さ
れずにいましたが、今年稲架掛けを撮影する機会にその場所が
見渡せ、また「豆ちゃん他ブログ界の著名な方」の写真を参考に
して、台風22号の影響の出始めた風雨の中ここに来てしまいま
した。
 やはり下記の画の中には「大きな屋根の緑色っぽい屋根」を
除きこの地域に根ざしたどっしりとした重厚感、色合いの「安田
瓦」を屋根葺きには使われておりました!。
 安田瓦は天保年間(1830)から生産され始めた瓦と云い伝え
られているそうです。 それが明治に入って国内各地の師団増
設、兵舎の増改築が高まり、弘前、旭川師団や新発田兵営の
屋根工事を請け負うなど、大量注文を機に焼成の気運が高ま
り、安田瓦の真価が広く各地に認められ、官庁・学校等の公共
物の需要によって栄えてきたそうです。また品質、強度、耐寒
性にも優れ、味わい深い鉄色の瓦は一般住宅・神社・仏閣の
屋根を飾るに相応しく、県内外の名刹に多く用いられてきました。
近年では県知事公舎など由緒ある建物の屋根を彩っています。
(安田瓦協同組合のHP抜粋)。

<br
"安田瓦(緑色の寺を除く)"
※安田瓦協同組合に確認済み
2017.10.29
EOS-1D X Mark II EF70-200mm F2.8L IS II USM


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。

スポンサーサイト
昭和の時代(5)
<br
"輪島名物朝市"
まだ「手の込んだミニぞうり」も売っているのだろうか?   


<br
"七尾線・C56(ナンバー・場所不詳)"
昔はこのような木で掛けられた土橋が沢山
有りましたね。…しかし昔から下手くそな画
ばかり生産していたものです(恥)。
カメラだけは6×6版のゼンザブロニカでし
た(^^;)。

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。

昭和の時代(4)
<br
"能登半島(場所不詳)のお婆ちゃん"
刈った稲を天日で干すこの地方では
「はさ干し」と謂うそうです。


<br
"能登中島~西岸"
赤ナンバーのC56124?


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。


突然ですが出撃しちゃいました!
「快速ELみなかみ」
返しも撮っちゃいました♪。

<br
EF64 1053+EF64 1051牽引 
2017.10.21撮影


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。





突然ですが出撃しちゃいました!
「快速ELみなかみ」を撮っちゃいました。
たまたま叔母がみなかみ町の老人ホームに入ったので
どちらを次いでにしたかは謎として、EL重連をお手軽の
この場所で撮っちゃいました(笑)。大型台風の影響か?
山には霧が発生して良い感じでした♪。
<br
"ベイシア裏"
EF64 1053+EF64 1051牽引 2017.10.21撮影



相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。


昭和の時代(3)
ラッパズボンC56
日本では「ラッパズボン」や「パンタロン」と呼ばれていたことも あるベルボトム!。
1960年代以降、アメリカのヒッピー文化の代表的なファッションスタイルの一つとして定着し
日本では昭和の後半(SLが後数年で全廃と謂われていた時代)脚の筒の形が、腰から膝
までは身体にフィット?し、膝から裾に向かって広がっていたズボンでした。
今、日本では死語になったそうです(特にラッパズボンは(^Д^))。

<br
"晩秋の曽々木海岸にて(盗撮?!)"
昭和49年10月(1969.10)撮影


<br
"七尾線(撮影場所不詳)"
昭和49年10月(1969.10)撮影
相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。



昭和の時代(2)
 冬の名物「能登の牡蠣」。
  S社の缶コーヒーのCMの舞台となった能登中島駅。
さらに、沿線は昔から「日本海側最大の牡蠣」と言われる
日本海側最大の牡蠣の産地。牡蠣棚のある七尾西湾は、
穏やかな内海で、養殖に好適とされていました。
 その七尾湾に沿って七尾線にはC56号機が走っておりま
した。雪は無いがあまりにも風の強い寒い日「寒さよけに、
とある物置に入る」と、そこにはオバさん方が牡蠣の殻を一
生懸命剥いている姿が有りました。因みにお土産として木
枠の中にはびっしりと牡蠣を入れて貰い帰宅しました♪。

<br
"能登中島の牡蠣作業場にて"
昭和48年2月(1973.2)撮影
ニコンF NIKKOR-H Auto 50mm F2


<br
"七尾線・能登中島周辺(C56159牽引)"
昭和48年2月(1973.2)撮影
その年、「急客おくのと号お別れ運転」(C58140+C56159にて
金沢-七尾間)を牽引。
ゼンザブロニカS2 ニッコールPC75mmF2.8


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。

昭和の時代(1)
峠の駅にも多くの人々がおりました。
 昨年JR北海道が公表した「当社単独では維持することが困難な線区」の
中で、国策で開拓により人々が済み始め、宗谷本線「名寄~稚内」は、100
年を経過した老朽化した構造物が多く存在し、維持管理に苦慮している他、
集中豪雨による災害が頻繁に発生する線区でもあり特に、輸送密度も500
人未満とご利用が少ない線区だそうです(言ってしまえば札幌近郊を除くと
全てとなってきます)。またJR貨物も走っておらず収益は益々減るばかり。
 しかし「写真とはよく言ったもので昭和の写真には」こんなに子供達も大勢
いた証が写真による証明ですね。…近頃直近の写真ばかりを載せていた関
係でお前だけは昔の写真だけを貼れ~!と苦情メール(笑)が多くなったの
で、在庫も少ないお蔵から出して来ました♪。 

<br
"塩狩駅にて"
昭和48年1月4日撮影

もうこれ以上は無理!
中途半端!
大型台風の影響から撮る場所のあてがないので
行き成り追っ掛けもせずに五十川駅まで来ちゃい
ました。しかしながら五十母川橋梁のお立ち台は
苦手なのでご遠慮するとして、五十母川でまだ冷
たくないと思い、入水?。
 バリアングル液晶モニター付のカメラは保有して
はおらず、アングルファインダーは自宅に置いてき
たがこれから先の時期水に入るのも難儀と思い、
カメラを水面ギリギリにして待っておりましたが、
強風の影響から大分遅延してC57は鉄橋を通過し
て行きました。毎度の中途半端なアングル(恥)。

<br
"五十島~三川にて" 2017.09.17撮影
EOS 5D Mark IV EF16-35mm F4L IS USM


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。

豊穣の秋(4)
地元農家さん以外立入禁止エリア!
単に豊穣の秋(1)の前バージョンですm(__)m。
同化しちゃいました(恥)。

<br
"山都~荻野にて" 2017.10.01撮影
Canon EOS-1D X Mark II EF16-35mm F4L IS USM


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。