FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
肥薩線の旅(7)
日本唯一、
ループ線途中に
スイッチバックがある「大畑」駅。


肥薩線の吉松~人吉間は、途中標高536mの矢岳駅をサミットとした
国見山地を越える山岳線。
人吉駅がおおよそ標高100m、矢岳が標高536m。この間約20kmで
高低差は約440mにも達することになります。
その為、途中の大畑(おこば)駅には雄大な日本で初めてのループを
描きながら高低差を稼ぐ線形、大畑、真幸と勾配の途中に駅を設けた
形のスイッチバックと、本格的な山岳線の醍醐味が今でも味わえる訳
です。米国の技術を採用したそうですが日本の鉄道建設技術は凄い!。

<br
"大畑ループ線・ループ線1周でこれだけ高度をかせぐ。
手前は1000分の25で下る人吉方面への道。"
正しく今人吉行きの混合列車が大畑に入線してくる。
※視野率が原因では有りません。昔から下手糞で
「25の5」が無いやぁ(汗)。



  本日もこの見栄えのしない拙いブログにお越し戴き感謝
いたします。

少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して頂けますと大変嬉しいです。よろしく
お願いいたします。またどうぞお越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


肥薩線の旅(6)
門司港を23:30に発車してから、ようやく人吉に到着した1121レ。固い座席で一晩を車中泊し
私は一時人吉機関区を見学させて頂き次の熊本発吉松行き843レで人吉を10:53に乗車し
大畑駅に下車しました。
<br
"混合列車843レ吉松行き大畑にて"
大型集煙装置・重油タンク付きのD51545の出発を撮影
※慌てて撮ったので「私のスリック三脚他」が丸見え(笑)




  本日もこの見栄えのしない拙いブログにお越し戴き感謝
いたします。

少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して頂けますと大変嬉しいです。よろしく
お願いいたします。またどうぞお越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


肥薩線の旅(5)
スイッチバック全容?
今となればこんな場所には杖?ついても登れません(大笑)。
爺の私も昔は若かったのですね♪いゃ今となれば(泣→笑い)。


<br
"ループ線案内看板(説明の為に再度拠出致しましたm(__)m)"

<br
"大畑スイッチバック俯瞰"

奥が真幸から鹿児島方面望む

  本日もこの見栄えのしない拙いブログにお越し戴き感謝
いたします。

少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して頂けますと大変嬉しいです。よろしく
お願いいたします。またどうぞお越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


肥薩線の旅(4)
日本3大車窓
ご承知の通り、国鉄時代に制定した「日本3大車窓」の一つにここ
矢岳越えが有りました。
JR肥薩線の熊本・宮崎県境にある矢岳峠付近のことで、この区間
には大畑(おこば)駅、マイナーでは有りますが真幸(まさき)駅が
スイッチバックとなっており、配線の関係で必ず停車しました。
矢岳~真幸間は霧島連山や遠くに桜島も見える絶景ポイントが続き
車窓の素晴らしく個人的には真幸から大畑に向かう景色が圧巻でした♪。

<br
"ループ線案内看板"

<br
"大畑駅構内名所看板"

<br
"自分が乗車してきた混合列車
赤ナンバーに私の好きな武士の兜のような
大型集煙装置・重油併燃装置付きD51687"
昭和47年4月(1972年4月)肥薩線矢岳越え
SLさよなら列車を重連で牽引したそうです。



  本日もこの見栄えのしない拙いブログにお越し戴き感謝
いたします。

少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して頂けますと大変嬉しいです。よろしく
お願いいたします。またどうぞお越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


肥薩線の旅(3)
砲金製の区銘板
(f8さんからのヒントに基づき作成させて頂きましたm(__)m)
人吉機関区在籍の罐には「砲金製の区銘板」が多くいましたね
ご承知のように砲金は銅と鈴の合金ですが、言われは「大砲の
鋳造に使用されたのでこの名」があるとか。
鉄道に詳しい人たちはよく御存じだと思いますが、熊本県から
鹿児島県を結ぶ肥薩線は、明治時代に鹿児島本線として建設
された経緯がある路線で、断崖絶壁の下を流れる球磨川沿い、
人吉~大畑~真先迄の連続する山越えがある路線。なぜこんな
山の中にわざわざ鉄道を敷いたかというと、当時は日清・日露
戦争の時代に海岸線に線路を敷くとロシア艦隊がいつ線路を
破壊するか?わからないから建設が困難であったとしても、山岳
地帯に線路を敷く方が国防上良かったと聞いたことが有りました。

<br
"人吉機関区にて D51545"
この罐は砲金製でした。

<br
"人吉機関区にて D51668"
この罐は白ペンキでした。
調べて見ると福井・長野を経て晩年に人吉機関区に来た
罐でした。根付いていた罐にはやはり砲金にして新参者は
白ペンキにしていたのかも知れませんね(笑)


  本日もこの見栄えのしない拙いブログにお越し戴き感謝
いたします。

少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して頂けますと大変嬉しいです。よろしく
お願いいたします。またどうぞお越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


肥薩線の旅(2)……因みにブログは3年目に突入
お陰様FC2さんお世話になり
昨日3年目突入でした。

このブログでお知り合いに慣れた方々は心優しく!
親切な方々で感謝に耐えません。これからも凝りずに
よろしくご指導お願い致します。(*^_^*)


それでは「肥薩線」続きをば~。
<br
"C5748が手前で待機中①"

<br
"一勝地駅に入線して来た八代行き834レ②"

<br
"一勝地駅に到着した八代行き834レ・C57 9+C57169③"

<br
"列車からは蒸気に包まれているが
薄っすらと人影が…④"


<br
"何と通学ラッシュだぁ~⑤
(昔は子供が沢山いましたね)"


今回この写真を時系列で並べて見たら、
私は一勝地駅に先に到着していたC5748号機牽引の1121レに乗車中でした。
一勝地にて上りC57重連を撮影後そのまま次の目的地「人吉」だったようです。
※事前にここでC57重連が撮れると何かの情報を掴んでいたようです(笑)。


  本日もこの見栄えのしない拙いブログにお越し戴き感謝
いたします。

少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して頂けますと大変嬉しいです。よろしく
お願いいたします。またどうぞお越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


肥薩線の旅(1)
現役時代ならではの贅沢光景でした♪。
 明治41年開業の肥薩線は、明治、大正期の駅舎や隧道(トンネル)、
鉄橋等の鉄道遺産が多いことで有名ですが、一勝地駅の現在の駅舎も
一度火災にあってから、大正3年に新築完成して以来基本的な骨格が
保たれており、背後の山林に調和するクラシックな木造駅舎です。
 一勝地という地名は「球磨川で一番景観が勝れている土地」ということに
由来すると伝えられているそうです。


<br
"肥薩線・朝の一勝地駅にて"
昭和45年5月(1970.05)撮影


球磨川の流れと深い山沿いの一勝地駅は朝霧の中C5748号機牽引
して来た1121レ。夜が明けたばかりの一勝地で交換したのは門デフ
仕様のC57 9号機を前補機にする八代行き上り834レで、C57 9+
C57169の重連で一勝地駅へ(明日掲出予定)入って来ました。

  本日もこの見栄えのしない拙いブログにお越し戴き感謝
いたします。

少しでもご興味を持って頂けましたら、何卒下の【SLブログ】
バナーを「クリック」して頂けますと大変嬉しいです。よろしく
お願いいたします。またどうぞお越しください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村