FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
やっぱり現役時代(その2)
のんびりした待ち時間♪
 入れ替え専用機の49674が一生懸命構内を、走り回って
いてもこのC62 3号機はまだひと休み中!。
 札幌行「急行ていね・105レ」として14:25に函館を出発
するにあたって、 函館に単機回送される迄は人もC62 3
ものんびり♪。
<br
"C62 3・五稜郭機関区にて"
1966年(昭和41年7月撮影)


 この日はC62 3は本務機。通票も制動も前補機が扱う
ので協調運転として技術と経験をいかに発揮するかとい
うのが今日の札幌までのC62 3の仕業目的。
 余談ではありますが 翌々年10月国鉄のダイヤ改正(よん
さんとお)は大規模なもので「たるまえ」は「すずらん6号」
に改称され、「ていね」は「ニセコ」となりました。


 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

やっぱり現役時代(その1)
「C629600」
 1966年(昭和41年)夏、 私は五稜郭操車場を訪問していました。
当時小樽築港機関区の罐の一部は三灯ライト、いわゆる「三つ目」
でした。
 小樽築港機関区所属のC62達はそれまでのC6227号機のように、
普通に一灯の前照灯を装備していましたが、 この年から小樽~手
稲間で電化試運転が始まると、 本州の交流電化区間と同じように
主灯横に予備の副灯が取り付けられることになったと築港のY検査
長が後に言っておられました。


<br
"五稜郭にてC623と49674入替え専用機"
1966年(昭和41年7月)撮影  翌々年49674は帯広管理所に
配属になりました。


 余談ですが、C623に次いでC622号機にも正式に副灯が
取り付けられましたが、暫定の標識灯もまだそのままで、
暫くの間はこの「三つ目」仕様で走っておりました。
 北海道で最初にC62を見た時が「三つ目」でしたのでや
はり、オリジナルの凛々しい一灯を雑誌で知っていたので
ガッカリした事を覚えています。因みに同じ小樽築港機関
区のC57にも「三つ目」がおりました。


 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

国産「白黒写真用フィルム・印画紙製造販売」終了!
   国産フイルムメーカー富士フイルムが本日(6日)
白黒写真用フィルム印画紙製造・販売終了する
発表したそうです!


   <br
   "C62とD52の横並び"には(白黒→シロクニ?^^;)。
   大沼駅にて

  近頃ご無沙汰しております。今年2月の渡道した際の俯瞰登攀依頼
爺の先週の磐西二日間の俯瞰はきつかったのと仕事の絡みで拙いブ
ログ更新が出来ませんでした(^^;)。
 しかし今日の富士フイルムの衝撃的なるニュースには今まで採算も
合わなくても続けて頂いた感謝をキッカケに拙ブログ更新をさせて頂
きました!国産最後?の白黒生産終了に感謝とご苦労さまでした(泣)。


 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

有りました!二つ目キューロク「19650」
突然来た「19650」。
 確か「トンネル内のつららの早期発見用?」で
前照灯を左右に付け2つ目化したと!小樽築港
機関区の検修の神様にお聞きしたことが有りま
した。
<br
"小沢から倶知安に向けて走る19650."
いくら急に来たと言えど下手くそな流し撮り?(汗)。
画面内に枯れた枝が(泣)。

 何年か庫の隅で休車後小樽築港機関区に
行く前に「シールドビームの補助灯装備」トラ
塗りにされたそうですね。
小樽築港区には1972年4月には転属し、入替
え用として在籍、翌年10月1日に追分区に転
属。翌々年の8月25日に廃車となったようです
ね。マイオさんのお陰で又一つ現役の山線の
知識を身に付ける事が出来た事に感謝です.
m(_ _)m。


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。



旅 路
古豪9633

 SLブームの火付け役のひとつ?『旅路』(たびじ)は、
昭和42年(1967年4月)~昭和43年(1968年)3月まで
放送されたNHK連続テレビで「朝ドラ最後の白黒放送」
だったそうです。
 ドラマは小樽ではなく旭川市郊外の神居古潭を舞台に、
国鉄職員とその妻の愛情を中心に、大正・昭和を生きる
人々を描き大変な人気となりました。その脇役が「9633」
でした。私はこのドラマも有り、小樽築港機関区で9633、
C62達、B201を探し早朝に撮影したものだったと思います。

<br
"早朝だったためまだ庫で佇む9633"
昭和44年2月(1969.2.撮影) 

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。