汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
乗客は無し!
JR北海道経費節減は
どうなっているの?

毎年400億円を超える営業損益を計上する?ことと聞いて
おりますが、何故経常損益でも170億円を下回る収支の
会社が駅舎を綺麗に出来るのか?素人には分かりません
が?。
高架にした旭川駅に到着するDCは一両編成なのに何故高
架にしたのか?帯広も同じでした!。
しかも不足分は5年間の計画で国から受ける総額1200億円
の支援で補いますが、その支援が終われば、 また資金不足
皆税金!早くJR東日本にな~って下さい。賛否はあるでしょ
うが(個人的見解)ですm(__)m。

<br
"糸魚沢駅も綺麗になってしまった(^^;)"
2018.02.08撮影


<br
"根室からの一番列車" 5624D 06:56
ホームの一番端から撮影
この駅からこの時間には通学・通勤の乗客はいないようです。


 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト
厚岸から牡蠣が無くなった?!
 「厚岸の牡蠣」!。 
 一年中食せることで有名な「厚岸の牡蠣」。折角来たんだからと厚岸で牡蠣が
食べたいと思い次の日に糸魚沢辺りで早朝のDCも撮れると思い厚岸で宿泊し
ましたが夕食に楽しみにしていた「食卓には牡蠣が無い!」。
<br"牡蠣が出てこない(;_;)"

…聞くところによると2016年8月北海道を3つの台風が次々に上陸し、4つ目の
台風が急接近したことが思い出されます。これにより、道内各地で河川の氾濫や
橋の流失など甚大な被害が発生して大事な牡蠣棚が多数流されて牡蠣がまだ出
荷量が少ないのだそうです。 確認をしなかった自分が悪かったということでした
(もっと宿代が高い所だったら出たのかもしれませんが(汗)。
 因みに北海道人にとっては厚岸の牡蠣は有名で、国内で唯一年中出荷できる
牡蠣の名産地だ!とよく謂われる話です。
 因みにアイヌ語でアッケケシ(牡蠣の獲れるところ)が現在の地名になったという
説もあるそうです。厚岸は太古より牡蠣が生息し、食べられていたと思われる遺跡
も有るそうです。
 飲ん兵衛の方にはまだまだ情報が有り、
●厚岸のシシャモは“本シシャモ”の亜種で道東の他の産地とは一線を画し独自
のモノだそうです。それも手伝ってシシャモの中では一番高額なんでしょうね。
築地経由で高級料亭でしか味わえないのでしょうが(笑)。●もっとビックリな事は、
厚岸湖の周辺とくに別寒辺牛川周辺に泥炭層であるそうで2013年にピート香をつ
けたウイスキーには適していて気が遠くなりますが、いつかは出荷されるのでしょ
うね。
 ちなみに例年10月上旬から解禁になる稀少な本シシャモと牡蠣他が食せる「あっ
けし牡蠣まつり」に行ってみてくださ~い♪。


<br
"朝一番列車の根室行き①"2018.02.08撮影

mix.jpg
"朝一番列車の根室行き②"

 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

念願の地(3)
帰り道に出会ったキハ40系

<br
"落石駅踏切(敷地外より)"
2018.02.07撮影

<br
"落石駅(敷地外より)"
踏切そばで撮りましたが、北海道らしいとても雰囲気の
良い駅でした。


<br
"帰宅後この写真を見ると愛車が余計ボロボロに見えます(汗)"

<br
"帰り道に出会ったキタキツネ"
冬のキツネはやはり冬毛になってモコモコ♪


 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

念願の地(2)
日本最果て鉄道写真撮影地!
根室本線(花咲線) 別当賀~落石

<br
"別当賀~落石"
太陽の位置がまだ高かったので太陽は入れずに撮影(´・_・`)
2018.02.07撮影


<br
"別当賀~落石(2)"
海岸段丘特有のせいか?とても強風の地でした!。念願の地で

「たったワンカット」でしたが遠くても来てよかったです。

 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

念願の地
日本最果て鉄道写真撮影地!
根室本線(花咲線) 別当賀~落石

 現地まで行くのには落石漁協で聞いても、街の外れにある店で
聞いても念願の撮影地は分からず(何処の撮影地でも兎角地元
の方々に聞いても分からないケースが多いですが^^;)。 最後は
時間が無くなり、 スマホのマップと自身の感で僅かな駐車? ス
ペースに無断で駐車!(^^;)。この先に撮影地が有るだろうとアイ
ゼンを付けて突風で固まったアップダウンのある雪原を腰まで入
る雪の窪地も有れば、強風で地面が見えている場所も有ったり…。
撮影目的の列車の時間も迫って諦めてきた頃、ついに荒涼とした
雪原の中に線路を発見!ヽ(^。^)ノ! 列車通過の10分程前でし
た(^^;)。



2018.02.07 右手前の車が千葉から自走してこの地に
たどり着いた我が愛車(笑) スマホにて撮影



"荒涼とした大地には鹿の足跡と自分の足跡だけが…"

<br
"撮影地の近くには「エゾシカが沢山」おりました"

次回に続きま~す!!

 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。