FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
阪神・淡路大震災から24年
   C623と阪神・淡路大震災
 
 多くの尊い命を奪い、この地に未曾有の被害をもたらした
阪神・淡路大震災の発生からもう24年が経ってしまいました。
あの震災により残念な事にも、 C62 3を通して浄財集めを
していたおり、 UCC上島珈琲の現・代表取締役会長  上島 
達司さんが億単位の資金援助をしてくださっていたのですが
この大地震でお亡くなりになられた担当者の方や、その前年
10月私が鉄道ジャーナル故竹島紀元社長に嘆願して作成し
た「C623の小さな旅」発刊記念パーティを開いたオリエンタル
ホテルもこの震災で倒壊してしまいました。
 今この地震が無かったならばC62 3は翌年の車検費用も
捻出出来ていたと思うと個人的にも尊い命とともに悔しさで
一杯です。神戸には震災の有った15日後から私ども家族は
5回程友人から預かった浄財、ガスコンロ、リポビタンD、水
などを1トン車に積み込み訪問しておりました。今となっては
時効と思いますが、 UCC上島珈琲、伊藤ハム様から浄財を
頂いており感謝に耐えない神戸です。
  ※個人的な話になりますが、昨年暮れから現在迄両目の
白内障手術が有りいまだに1日3回の点眼、防塵メガネ、頭
髪の洗髪も来週まで出来ない始末(^^;)でブログの更新が出
来ない?状態でおります。

<br
"復活 C62 3号機" 昭和63年4月29日撮影
HASSELBLAD 503CX
CF 250mm F5.6 SuperAchromat


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト



陸の王者が入線!
小雨中を…。
 陸の王者とは、 どこぞの大学の校歌に出てくるだけでは
ありません!。日本の蒸気機関車で一番力強く、一番早く
走ることを目的にした罐。それが我が御神体(勝手に)C62
です。 因みにもう一つの「陸の王者」とは元々、「六大学の
王者」の意で「六(りく)の王者」 となっていてそこから 「陸」
に転じたそうです。知らなかった(笑)。

<br
"駅ナカ撮影会(笑)"
"比羅夫駅にて" 平成6年7月(1994.07)撮影

<br
"UCCカフェトレインのコースター(販売用)"
※今になってこのコースターを見ると復活C62 3の
初回の運行期間が分かった気がします。


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。


復活C62 3最後の秋
 鉄道員、スポンサー思いを
一杯乗せて走った7年間。

 このバカでかい蒸気機関車C62 3は、国鉄の民営化をひ
かえた小樽の国鉄マンの最後の思いを、夢を、一杯乗せて
15年眠っていた手宮の鉄道公園から引っ張り出し小樽築港
の研修の方々(OB含む)が走らせた希望の罐でした。 その
人々に私は出会えて今となっては私の宝物ですし最高の喜
びです!。 嬉しいことには15年間浜風で錆びついた身体を
復活に結びつけた一番の功労者、研修の神様と言われてお
られた山下さん(御年93歳)がお元気なことが非常に嬉しく
思います。12月か来春の2月に小樽のご自宅でお会い出来
るように昨日電話でお約束を致しました

<br
"然別にて" 平成7年11月(1995.11)

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。


突然ですが
本日「C62 3関する」情報が入りました!

<br
"日本郵政の宣伝"横須賀のTさんに大感謝!。

もう時効と思われるので「東京で有ったC62 3」のお話をすると!
 郵政の民営化の前に札幌から異業種の二人がJR東日本本社で
M相談役に会いたいとの要請で私がアポを取り、その上で上京して
来ました!。 港区の虎ノ門に民営化前の日本郵政の準備室が設
けられ、そこに在籍していた方と札幌の広告代理店の方でした。
日本全国に郵便列車が有ったので何とかC623含めてSLで郵政の
民営化時のイベントにしたいと嘆願したが…M相談役(当時)は 、
間一髪「西川善文社長には話して有るんだろうな?!」と。
 今となっては懐かしい思い出ですが、社内のコンセンサスは大切
ですが規模が大きいと中々進まないことも多いのでしょうね?。
私は大恥をかきましたが懐かしい思い出です。 当時のM相談役の
秘書は現在の東京駅駅長であり、 JR東日本の取締役になってご
活躍中だと思われます(ヽ(^。^)ノ)。


書き忘れましたが本日このパンフから
郵便局に行き予約しちゃいました(♪)。


 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

後光が射して見える
秋の陽を浴びたとは言え
残念ながら1995年(平成7年)11月3日をもって
C62 3の再復活時の走行を終了した。下の画を
撮影していた時にはこの様なイメージに仕上が
るとは思いませんでした。
IMG-0007・C623逆光ベスト
"C62 3(小樽運転所にて)"
リンホフ マスターテヒニカ テレクセナー250mm F5.6
JR北海道故N社長に許可をとって撮影


<br
"苗穂運転所で撮影したキャブ左側のC623ナンバープレート"

<br
"自宅玄関に飾ってあるC62 3ナンバープレート(スマホにて撮影)"
家内の誕生日(5月4日)に実際に正面に取り付けられ
走行したナンバープレートヽ(゚∀゚)ノ です。

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」ですが宜しくお願いいたします。