汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
久しぶりのサルルン展望台
伸びた伸びた樹伸びた~!
 ここサルルン展望台周辺は、 釧路川に沿って展開している日本国内最大の
湿原である釧路湿原を中心とする公園。釧路湿原として1987年(昭和62年)に
日本国内で28番目の国立公園に指定されているそうです。 ですから無論樹を
切るなんて論外
な聖地です!。
 しかしながらここサルボ展望台、サルルン展望台エリアは和歌山県の某企業
が所有していてその土地を一般人に無料開放していただいている有難い地主
様です。 また一つ人の有難みがわかりました。 深謝です。

<br
"塘路駅に進入するC11"
2018.02.08撮影


<br
"樹が伸びた~①"

<br
"樹が伸びた~②"

 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト
不味いんじゃないかい!
危険区域!危険区域!危険区域!
「立入り禁止の柵、警察署の規制線のテープ」迄が有るのに関らず…。

 何年か前からサルルン展望台に直接登れる路は急な上に
滑って夏でも大ケガをした旅行者も多いことから警察までが、
立ち入り規制のテープをしてもこの日も一部の心無い撮り鉄
が、柵も乗り越えテープも見なかった!
とサルボ展望台から
残念ながら撮っておりました(泣)。今ブームのカー娘の 「そ
だねー」的に謂うと 「不味いんじゃないかい?」 となる!。
 銀塩の時代に一度だけ撮ったのですが、HDが壊れてしまい
今回この地へサルボ展望台経由で登って来ました♪。この日
は、平日だったこともあり他に2人の方だけでしたのでのんび
りと撮影が出来ました(ヽ(^。^)ノ)。 C11の到着予定時刻にな
ると塘路を出発して 「凍結している塘路湖・エオルト沼・ポン
沼」に沿ってC11は走ってきます。
 後で知ったのですがサルルン展望台の手前には「竪穴住
居群跡」が有るそうで夏に訪れるキッカケが出来ました(笑)

<br
"現地案内看板(1)"

<br
"拡大案内看板(2)"

<br
"立入禁止+警察署の規制テープ"
しかしそこには情けない足跡が…!柵を乗り
越えてサルルン展望台へ続く


<br
"突然オオワシが…" 2018.0.2.08撮影
前回のカヌーから見たオオワシの休憩樹木のほど近いこの展望台の
真上には偶然にも大きな鳥が!望遠レンズで見ると嘴の黄色い鳥では



次回に続きま~す!!

 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

SL冬の湿原号をカヌーからパチリ(2)
釧路川の支流
「アレキナイ川」にて

<br
"おまけに丹頂鶴の飛来まで見れました"
2018.02.06撮影 EF400mm F5.6L USM使用

<br
"遂にいました「オオワシ」" カッコよい!けど目が怖い(笑)
精悍な顔立ちと力強さ。ワシたちの中でもオオワシとオジロワシは
世界最大級の大きさを誇り、国の天然記念物でも有り、 平成5年
には国内希少野生動植物種に指定されている絶滅危惧Ⅱ類にも
指定されているオオワシを間近に見れましたヽ(^。^)ノ。
 因みに偶然にもサルルン展望台ではオオワシの飛来撮影も出来
ました!。今後期待(^^;)!して下さい?!。


<br
"トビ(鳶)は、タカ目タカ科に属する鳥類の一種。"
トンビとも言いいますよね。間近で見たのは初めてです。

<br
"塘路駅を出発したC11がいよいよ来ました!"


<br
"塘路駅を出発したC11がいよいよ来ました!(2)"
…一人で撮影したカヌーからのSL撮影。来年もまたC11が走る?としたら
他にもSL絡めて撮れそうですので是非お試しして下さいませ♬。
※カヌーの幅にはご注意下さい。幅の広いカヌーが撮影にはベストです。


 相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

SL冬の湿原号をカヌーからパチリ
せっかく来たのだから
 SL撮影地の二本松展望地のそばの「すがわら」からカヌーに乗って
おおわしとSLでも撮影出来ればと乗ってしまいました。本来は連れの
為に企画したのですが前日の大楽毛の友人のお店で飲んでいたら、
冬だから一瞬で死んでしまうので早めの飛行機で帰る! と言い出し
止む無く一人でカヌーに乗ることとなりました。
 ところが鹿はともかく、珍しく冬は湿原にはめったに来ない丹頂の
親子まで出て来るは出て来るは 「ディズニーランドのイッツ・ア・ス
モールワールドの如く」とても楽しかったです。 次回は大物の鳥や
C11が登場予定です(笑)。お・た・の・し・み・に~。(非鉄でm(__)m)。
<br
"カヌーからスマホで"
2018.02.06撮影

<br
"鹿ちゃんも水を飲みに来るそうです"

<br
"片足で立てちゃう丹頂の幼鳥"

<br
"冬には釧路湿原に来るのが珍しい丹頂の親子"
冬になると餌が不足するので鶴居村含む各餌場に一日中いて
夕方になると標茶の川、雪裡川などに行くので珍しいそうです。


次回に続きま~す!!


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

絶景地!
図々しくも…。
 ヘロ隊登山部の隊長にご無理をいってここ、雌阿寒岳が俯瞰できる絶景地へ
お陰様で来れました。
 早朝からこの俯瞰場所を探しにラッセルして頂いた地に楽々と連れてきて頂き、
登山部の皆さんには本当に感謝ですm(__)m。
<br
"Geさんにスマホで撮って頂きました♪"
※図々しくも真ん中で撮っていた(汗)。


<br
"こんな雄大な地で撮れたことに感謝♪"
2018.02.07撮影


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。