FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
紅葉の旬はわからない~。
みなかみ町諏訪峡
先週紅葉ベスト?


<br
"諏訪峡にて"2018.11.10撮影

<br
"初入荷(♪)キヤノン・EOS R"を使用して
撮って見ました。

 ここで紅葉を撮りたくて一年越しの諏訪峡撮影場所から
キヤノンが初めて出したEOS Rを使って撮影してみました。
ミラーレスなので一眼レフよりはボディは軽いのですが、
ミラーレス専用のズームレンズは一眼レフのレンズとほぼ
同じ重さで大枚出してやっと買ったのに少し残念でした(T_T)。


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト
いざ出発!
長万部駅構内7分のドラマ
  静かに長万部駅に入線してきた札幌行き103レ急行ニセコは、 ここ
長万部から始まるカーブの多い厳しい峠が3つも超えなくてはならない。
前には少しの休みを取ってスタンバイしていたデフレクタにはツバメの
マークを付けたC62 2がゆっくりとバックでC62 44と連結となり、ここ
からは重連での仕業となる。 どうやら本来の停車時間7分より遅れて
おり、 整備、乗務員達を煽るように構内では発車のベルがなっていた。
……この長万部での厳寒の地でのドラマに立ち会えた私は最高の幸せ
者です。

1.jpg
"函館から長万部までの牽引機はC62 44号機"

2.jpg
"ここからはC62 2号機が前補機として連結"

3.jpg
"山線の王者C62重連による咆哮を残して"
 昭和45年2月・長万部にて

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

明日は我が身
西日本「平成30年7月豪雨」
 今回の西日本で発生した豪雨による被害にあわれました皆様に
お見舞い申しあげますとともに、犠牲になられた方々とご遺族の
皆様に対し、深くお悔やみを申しあげると共に一日でも早く穏や
かな日々が戻ってきますようにお祈りしております。
 また、現場にて活動を行う関係各機関の皆様にはご苦労さまと
申し上げる他ともかく安全を心よりお祈り申しあげます。
 今回の死者が13府県で死者は184人、心肺停止1人、行方不
明や連絡を取れない人は63人上ったと発表されておりました。
今も数十人が行方不明あるいは安否確認ができない状態で、警
察や消防、自衛隊などの救助隊による土砂や瓦礫の下の生存
者の捜索は、時間との闘いとなっていますが一人でも多くの方が
ご無事で救出されることをねがっております。 個人的にも広島県
府中町には友人の実家が有り壊滅的だそうで、一昨日夏用のか
き集めた衣類をまずは友人宅に段ボール2箱分を宅急便で送っ
たが果たしてその後ご実家まで届くかどうか心配。
 そんな中永田町では脳天気に「赤坂自民亭」で飲み会を公的機
関である議員宿舎は、いつから呑み屋になったのだろうか?酒を
飲むのも懇親を深めるのも自由だろうが同じ頃、命の危険に晒さ
れている国民が沢山いるというのに、どんちゃん騒ぎ?をツイッ
ターにVサイン(現在は削除しかし親指を突き上げている写真は
まだ載せている!。この国は本当に大丈夫だろうか?!。
 真っ先にこのfc2ブログにお悔やみの文だけを載せられたマイオ
さんに敬意を払います。
 私も写真なんぞ当分載せられません(汗)。


はるばる自走して来ました♪。
自宅から自走して「1,265Km」釧網本線!。
任せて23時間程掛かって
「遥々来ました大好きな北海道大地」へ!。

 自車ですと何でも荷物を乗せて行けるよ~との友人の有り難い提案??で
又々自走して釧路まで来ちゃいました♪。
 お隣でスタンバイされていた方が、標茶から追掛けて来たのですか?!と
謂われたので今、千葉から追いかけて来ました♪。と申し上げましたら皆さん
ビックリされておりました(笑)。
 阿寒の山々がきれいに出てこれは幸先が良いなと思っておりましたら陽が
翳ってこんな画になっちゃいました(泣)。

<br
"此処は定番撮影地だそうです"
2018..02.03撮影



相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」ですが宜しくお願いいたします。


撮影地を知ろう!(5)
米坂線「小国駅の化学工場専用線」。
 飯豊山中のここ小国駅は新潟県と山形県に接した盆地に有ります。
小国駅は米沢~坂町を結ぶ米坂線の主要駅で、 小国駅には突然
大きな工場が現れます。
 昭和47年3月(1972年)の無煙化前は米沢、坂町区の9600形が客
車・貨物を牽引していましたが、その貨物が出入りする工場に向か
って専用線がありました。 調べてみたら日本重化学工業小国事業
所と謂い、主力としていたフェロアロイ(合金鉄)技術が元に電池他を
製造しているそうです。昭和13年に日本電興(株)が合金鉄生産開始。
会社名は改称や合併で日本電興→東芝電興→日本フェロアロイ→
日本重化学工業と変遷しています。
 専用線ではこのフェロアロイ生産のための原料入荷、製品出荷が
行われていたようです。 専用線は総延長キロ:1.7kmだったそうです
が、入替え含めて全てが国鉄の罐(9600)を利用していました。
<br
"小国駅にて(左には専用線が)"
保存状態が悪くて画が見づらくてm(__)m。

昭和44年7月(1969.07)撮影

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログにお越し戴き
感謝に耐えません。今後共のんびり更新宜しくお願いいた
します。