FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
またまた一発撮り!
昔の方がピントが合っていた^^;
 名門小樽築港機関区には何度か訪問していたことにより
お知り合いになった当時からとても偉い立場だったYさんと
は年賀状やら手紙による文通をしていた関係で、前日夕方
に機関区に訪問すると一応のC62の運用予定を教えて頂
けていました♪。
 それでC62 2が前補機に付く予定だと聞いて、倶知安迄
戻り、明日の撮影が嬉しくて豪華にも駅前の松尾ジンギス
カンで食事をし、倶知安駅から徒歩で雪の坂道を登り、往
復はがき予約してあったニセコユースホステルへ宿泊。
 翌朝は確か倶知安07時40分発長万部行きに乗車し目名
駅(08時45分着)から上目名方向に雪の降る中をひたすら
背負い籠にカメラ用銀箱とスリックの三脚担いで1時間程
歩きそこから2時間以上寒さに耐えて待つのでした。
※C62 2をカーブで本務機は写らなくても良いと考え列車
だけが入るように写したようだが昔のメモを見ると本務機は
C62 44であったようです。
<br
"急行ニセコ1号・104レ" .
昭和42年3月(1967年)撮影
BRONICA S2 ニッコールPC75mm F2.8


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト
一発撮りに命?!
馬鹿なことをしていた!
 この写真を撮影した前年の1971年(昭和46年)、 最後までC62による重連運転
として残っていた急行「ニセコ」1往復 (上り1号、下り3号) が確か7月、8月、9月
の3回に分けて実施されたC62三重連運転を最後にDD51形ディーゼル機関車に
置き換えられ、ついに終焉を迎えたC62。 国鉄からC62による定期急行列車が
消滅と思われていました。 急行 「ニセコ」 運用から退いた後、 呉線から来ていた
C6215、16が確か同年11月?に残念ながら廃車・解体されました。 
 しかしながらその翌年奇跡的にC62 2は梅小路機関車館にて動態保存される迄
長万部~小樽間の普通列車運用に充当されるという情報が小樽築港機関区のY検
修掛長から電話を頂き、 最後のC62 2走行をワンカットだけでいい!大判で撮りた
いと渡道してアルバイトで稼いだお金で買った4×5インチのトヨビューを背負い籠に
背負って塩谷の跨線橋上から「暑いなか被り布を被りながらの一発撮りのリスク」を
どう考えて行ったものか?と今考えても馬鹿な事をしていたものです^^;。
※因みに今では昔から馴染みのMFですが、秒16コマを目指しております(笑)。
<br
"トヨビュー D45Mにて"
C622 137レ(塩谷駅~小樽) 1972.07(昭和47年7月撮影)

相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。


元号が変わって最初の投稿
やっぱりC62!。
 新元号が変わってからもう半月が経ちますが未だに馴染めないでいる私です。
お祝いの意味も含めて個人的に大好きなC62の画を久しぶりに出してみました。
函館本線「目名から上目名」駅に向かうC62重連ニセコ(104列車「急行ニセコ
1号」は上目名への上り20‰勾配をジェット機音のような爆音を轟かせて登って
行く姿がありました。
<br
"C62 2・C62 16による重連牽引・104列車「急行ニセコ1号」"
1971年1月(昭和46年1月)



相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

平成最後の拙いブログをアップ!国鉄ワラ1形貨車
ウィキペディア(Wikipedia)によると
 日本国有鉄道(国鉄)が1962年(昭和37年)から製作した 17 t 積の
貨車(有蓋車)と載っています。平成最後の私の拙い画は罐では無く
貨物を掲出させて頂きます。 罐 (SLが終焉を迎えた時) が大切だと
誰もが思っておりましたし、その土地(市町村)には無縁の罐が無償
貸与となって鎮座ましましたが今となっては 「客車、 貨物の保存」を
皆が忘れていたとおりました。今に思うと平成では無く昭和にも大切
なものを無くした物が多かったことに残念と思います。日本人はスク
ラップが好きなのは良いことか? 新しい元号になった時に考える必
要も有るのかと?!。※鉄博等のに頼ること無く……。

<br
"ワラ2055・新三菱重工業製造"
旭川駅にて 昭和45年2月(1970.02)


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

今日で最後の炭焼き
昨年の台風で残念ながら
窯が壊れてしまいました。

 地元千葉にこのような物(炭焼き小屋)が有るとは。
5年前小湊鐵道 ・ 飯給で偶然お会いした地元カメラ
マンの方に初めてこの炭焼き小屋を教えて頂きそれ
から何回か通い詰めて撮らさせて頂いていたのです
が、撮影させていただいたその貴重な画像が、外付
け H Dの調子が悪くなりデータ復旧の業者に昨年夏
泣く泣く10万円強ほどを出したのに直らずじまい(泣)。
 今年桜の咲く前に2度ほど窯の所有者の方に壊れ
たのを何とかして頂き、 最後の窯に火を入れて下さ
いまして何とか撮れた貴重な写真となりました。
 どこにでも共通する高齢になって炭焼きが出来なく
なったり、樹木の間伐伐採もする業者がいないことな
どが原因のようです。 ですが貴重な写真 (拙いです
が)がお陰様で撮れました。(^^;)。

"千葉県内でも希少だった炭焼小屋"
<br
2019.04.06撮影
Canon EOS 5D Mark IV
EF24-105mm F4L IS II USM


<br
Canon EOS-1D X Mark II
EF16-35mm F4L IS USM


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。