FC2ブログ
汽車遺産

汽車遺産のホームページです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

プロフィール

kishaisan

Author:kishaisan
小学校時代から線路端でSL写真を撮っておりました。
C62が特に大好きです。近頃はこのFC2のブロガーさん方のお陰で「風景に溶け込むSL写真」を勉強させていただいてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

"http://railroad.blogmura.com/

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

汽車遺産
蒸気機関車をメインに撮影しております。
一度だけの訪問
 昭和48年10月のダイヤ改正で宮崎機関区のC57が牽引する「日南3号」の
宮崎〜都城間を牽引し、最後の蒸機牽引急行となって賑わったものです。
 特に手入れの行き届いた宮崎区所属のC57がハネ1両、ロザ2両を含む7両
編成を牽く光景は晩秋の時期なので露出も厳しいのを承知で4×5版を担いで
逆光の中を待っていたようです^^;。
 日南3号は途中駅大分・宮崎で編成落ちしてC57牽引区間では7両編成でし
たがオハネ12?×1+オロ11×2を従えた編成は堂々たるものでした。 残念
ながら翌49年4月の改正で その役をDF50に譲るまでの短期間でしたし、 雪
の北海道に取り憑かれていた私は一度しか撮っておりません。

    <br
    "田野-門石信号所"1211レ 急行「日南3号」
    1973.11(昭和48年11月撮影)
    "トヨビュー D45Mにて"


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト



昔も今も何も変わらない!
<br
"餘部鉄橋下から"
平成16年8月(2006.08.25 21:00)


この当時の餘部鉄橋下に有る「民宿旅館・川戸屋」さんのHPには
近年、ここ余部でも風景写真家のマナーの悪さが社会問題となっています。
■じゃまだといって枝を折る、立ち木を切り倒す。
■立ち入り禁止区域に入り込む、三脚を入れる。
■他の人に同じものを撮らせまいと撮影後に現場を荒らす。
■フィルムの空き箱等を散らかす。(今は、デジが主流だからこれは無い
 かも知れないが他は何も変わらないと?!)

■進入禁止の道路に入り込む。
■狭い道路に駐車し渋滞を引き起こす。
■エンジンをかけたまま撮影する。
■大勢で遊歩道をふさいでしまう。等々...
私たちは、そうこうして撮った写真など何の価値もないことを知っています。
私たちは、すべての風景写真家が自然を大切にする写真家であって欲しいと
願っています。 美しい自然、いつまでも...


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。



餘部にて
餘部鉄橋に魅せられて
定宿として毎回利用させていただいておりました川戸屋
さんは4月から10月までは懐石料理(その日に水揚げさ
れた魚は美味い!)し、11月から翌3月までは松葉蟹に
惹かれて良く通ったものです
※因みに平成18(2006)年03月18日寝台特急出雲は廃止
されたのち、 餘部鉄橋も付け替えにより新旧切替工事が
8月11日まで行われ2010年8月12日から新橋梁の供用が
始まりました。新橋梁反対に伴い署名運動を地元の皆さ
んとしてたことが今となっては良い思い出です。…しかし
ながらこの国の労働生産性は先進各国で最下位な上に
世界競争力ランキングは30位と1997年以降では最低と
なっているそうですが、 よくもこんなに金もないのに物を
大切にせずスクラップばかりが好きな国なんだろう?

<br
"余部漁港にて"
平成16年8月(2004.08.撮影)


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。

北海道鉄道100年記念(2-2)
北海道でのC62 2号機
最終運転の日
「さよならC62号」
<br
"小樽-岩見沢~札幌間牽引・(9232レ) 
(C62 2+C62 3+PC)"

<br
"札幌駅構内にて"
昭和47年8月27日(1972.08.27撮影)


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。




北海道鉄道100年記念(2-1)
     お約束画です^^;。
 相変わらずの拙い画のみしか配信していない管理人
ですが、 お世話になっている方とのお約束事で今回2
日間に続き、この場をお借りして配信することを皆様お
許しくださいませ^^;。
<br
"梅小路に行く前の最後のお色直ししたC62 2号機"
"札幌駅構内にて"
昭和47年8月26日(1972.08.26撮影)



<br
"まさしくデカイ♪C62"

<br
"当時の木製の柵や車からこの時代がわかりますね"

<br
"展示を終わり重連で小樽築港機関区へ帰る"
C62 2 + C62 3号機による回送シーン(手持ちと爆走に
より"ぶれぶれの画(恥)" 。


相も変わらずこのワンパターンの拙いブログですが
「のんびり更新継続中」です。宜しくお願いいたします。